理由

パパ活って犯罪にならないか不安があります。罰せられることはあるのでしょうか?

投稿日:

パパ活って犯罪にならないか不安があります。罰せられることはあるのでしょうか?

パパ活が犯罪になるケースは確かにありますが、違法性のない範囲で活動をすることは十分に可能です。
どこまでであれば問題はないのかしっかり把握しておくことが大切ですし、注意や自覚は身を守ることにも繋がります。

デートや食事のみならお金をもらっても問題はない

パパ活は懐に余裕がある年上の男性が年下女性に金銭を渡して逢瀬を楽しむものですが、双方が合意の下で授受が行われていれば犯罪にはなりません。気になるのが肉体関係を伴うか伴わないかという点ですが、より安全性を確保したい場合には、深い関係にならないほうが賢明です。
ただ、関係を持った場合にも不特定多数のパパから金銭を受け取らない限り、売春防止法上では売春に該当しないとされています。そうした行為を伴う場合には、パパを1人に絞りましょう。

パパ活相手は独身を対象にすること

パパが既婚者だった場合には女性側が浮気相手になりますので、深い関係になった場合には不法行為に見なされ、発覚した際には慰謝料を請求されることがあります。犯罪者として捕まることはありませんが、法に触れることから金銭的な負担を強いられる可能性を無視できません。
そうしたリスクを避けるためにも、パパ活相手は独身男性にしておくことをおすすめします。

未成年はパパ活をしないこと

パパ活は大人の男女が双方条件を納得した上で行うもので、女性側が未成年の場合には発覚後、デートをしたパパ側が誘拐、略取等の罪に問われて犯罪者になります。迷惑をかけないためにも成人してからパパ活を始めてください。
たとえ深い関係にならなかった場合にも該当しますので、トラブルに巻き込まれないためにも自制が必要です。

-理由

Copyright© パパ活をやる理由 , 2020 All Rights Reserved.