年賀状には失礼にあたる使ってはいけない言葉があるということでどう書けばいいのか悩みます

お祝いの気持ちを意識しながら礼儀を考えて作成するのがポイント

毎年のように書いている年賀状でも、添える言葉に失礼がないかどうか頭を悩ませてしまうものです。心が篭っていれば問題ない、そうはいうものの、中には使ってはいけない言葉などもあってなかなか気を遣ってしまいます。

今後も年賀状を書き続けるのであれば、知識として正しい年賀状の書きかたを身につけておいて損はありません。

おじぎをしあう男女

忌み言葉には要注意

新年を祝う挨拶ですから、縁起のよくない言葉を使わないことは基本中の基本です。ただ、このあたりはあまり難しく考える必要はないでしょう。

  • 滅ぶ
  • 絶える
  • 失う
  • 病むなど

こうした言葉はタブーとなっていますが、年賀状の性質を考慮すれば印象のよくない言葉は自然に避けられます。気をつけたいのは、意外に使ってしまいがちな「去」という文字です。

前の年という意味で「去年」と書いてしまいますが、別れをイメージすることから使ってはいけない言葉となっています。「旧年」やわかりやすく「昨年」と置き換えるのがベターです。

目上の人への年賀状で気をつけること

年賀状に「迎春」「賀正」といった言葉がプリントされているものを利用するかたも多いでしょう。ただ、これには敬うニュアンスが含まれていないことから、可能な限り避けるべきです。

あまり気にしないかたも多いため、それほど神経質になる必要もありませんが、目上のかたへの年賀状であればお祝いの言葉を簡単に記した言葉ではなく「謹賀新年」「初春のお慶びを申し上げます」といった言葉を使うのが賢明です。

失念しがちな句読点

改まった文書には句読点を利用しないようにします。年賀状では「区切りをつけない」という意味で使いませんので、添え書きに関してはあまり長々としないように、簡潔にまとめるようにするのがポイントです。

気を遣い始めると難しい年賀状ですが、お祝いをする気持ちを損なわない言葉遣いを意識していけば、使ってはいけない言葉を避けることができます。

誰に宛てたものであるかも考えながら、受け取った人のことを考えて書く内容を決めていくのがポイントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする